Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「ココア」★★★★★

Cocoa powder.jpg"Cocoa powder" by blair - originally posted to Flickr as IMG_1121.jpg. Licensed under CC BY-SA 2.0 via Wikimedia Commons.

ココア(cocoa、英語発音: [ˈkoukou] コウコウ)とは、カカオマスから一定の割合のココアバターを分離した固形分。又は、その粉末ココアパウダーの略称。あるいは、ココアパウダーを溶かした飲料の略称として用いられる。以下の歴史で示されるようにカカオマスからココアバターを分離するまでココアという言葉はなく、固形にも、液体にもならないペースト状のチョコレートだけだった。
ココア - Wikipedia

評価:★★★★★


心がピョンピョンしないほうのココア。チョコレートの歴史でよく、チョコレートはもともと飲み物であった、というのがある。それを見るたびに思っていたのが、じゃあココアは何なんだよ、ということだ。さすがにそろそろ疑問を解決してもいい頃だと思って開いた次第というわけである。むしろココアがメインだったのかよ。

特に記事の量としては大したことはないのに★5つとしたので、ちゃんとその理由を書いておく。まず第一に俺の疑問についてちゃんと答えている。これ大事。個人的すぎると思われるかもしれないが、知りたいことに答えるのが百科事典の勤めであり、それに十二分に答えているのだから偉い。第二に歴史の内容が程よく充実している。これも特別多いというわけではないが、具体的な数値が多く、「スプーンを立てても倒れない」といった比喩表現などもあり、わかりやすくて勉強になる。そして第三に音声ファイルの存在。今まで音声ファイルがあった記事はアトラトルぐらいしか見てない。これは★5つでいいだろ。

まあ褒め称えたわけだが、残念な点も無いわけではない。それは肝心のココアの写真が無いということだ。なんで原料のカカオがあって副産物のチョコレートもあるのに、メインとなるココアが無いんだよ。ちなみに「ホット・チョコレート」の方にはちゃんと画像がある。おそらくアメリカ人は飲み物のココアとホット・チョコレートを区別しないからじゃないだろうか。ちなみにトップ画像は英語版の「Cocoa solids」からのもの。

バンホーテン ピュアココア 200g
片岡物産
売り上げランキング: 300