Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「エクスカリボサウルス」★☆☆☆☆

Excalibosaurus costini
"Excalibosaurus BW" by Nobu Tamura (http://spinops.blogspot.com) - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示 2.5 via ウィキメディア・コモンズ.

エクスカリボサウルス(Excalibosaurus、エクスカリバートカゲの意)は、ジュラ紀前期のシネムーリアン時代にイギリス周辺の海に生息していた魚竜の一種。
エクスカリボサウルス - Wikipedia

評価:★☆☆☆☆


ソウルイーター エクスカリバー 6インチ ぬいぐるみ

確かにエクスカリバーだ。目とか顔の尖り具合がよく似ている。俺は前々から、アーサー王エクスカリバーを湖の乙女から受け取るという話に疑問をいだいていた。剣が湖の中にあったら錆びてしまうのに、なぜこのような展開にしたのか、と。だが今ならわかる。エクスカリバーは魚竜だっからである。

エクスカリバーの伝説は12世紀から始まったのに対し、このエクスカリボサウルスが生息していたのはジュラ紀前期のシネムーリアン時代である。有名なやつだとプレシオサウルスやディロフォサウルスがいた時代だ。そのころイギリス周辺にはこいつがゆうゆうと泳いでいたことになる。しかし、この時代はちょうど超大陸パンゲアローラシア大陸ゴンドワナ大陸に分裂するころであり、まだ島としてのイギリスは存在していない。だいたい分裂したあたりになるが、この後も地形の変化は続いていくのである。

内容がほとんどないのに、思わず名前だけでネタにした記事はどう書けばいいのかいつも困る。あまりにも書くことがないので、大陸移動にまで言及する始末。このブログを始めてから9ヶ月が過ぎようというのに、しょせんはまだこの程度。なんでもそれっぽく書けるようになりたい。そんな俺の気持ちとは関係なくエクスカリボサウルスの瞳は虚ろなままだ。虫酸が走る。