Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「イチジク」★★★★☆

Illustration Ficus carica0 clean.jpg"Illustration Ficus carica0 clean" by User:Kilom691 - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

イチジク(無花果、映日果)は、クワ科イチジク属の落葉高木。また、その果実のこと。原産地はアラビア南部。不老長寿の果物とも呼ばれる。
イチジク - Wikipedia

評価:★★★★☆


中身が果物の中でもトップクラスにグロい。「イチジク グロい」で検索したら約 20,800 件(0.41 秒)出てきたので、この印象は一般的といっていいだろう。ただグロいだけでなく、割れ方もぐぱぁっとした感じなのがなんとも言えない。とはいえ俺はイチジクが嫌いなわけではなく、むしろ好きなほうで、今回取り上げるのもついさっきイチジクを食べたからだ。トルコ産のこれは乾燥状態で手元に来ているので、トルコを滅ぼす必要は全く感じない。カルタゴも乾燥させてから輸出するべきだった。

イチジクは漢字で書くと「無花果」であり、その名の通り花が咲かないように見える。これはイチジクが隠頭花序と呼ばれる花の付け方をするためで、花嚢の内部に微小な花を無数に咲かせる。つまり我々が食している部分は、果肉ではなく花のほうであったというわけだ。実のところこの事実を俺は今知った。これを知れただけでも今回イチジクを取り上げた価値がある。おそらくこれは常識の範囲内な気がするのだが、他の人はどんな状況で知るのだろう。

このイチジクは人間との関わりもかなり長い。アダムとイヴが性器を隠したのがイチジクの葉であることから分かるように、地中海世界では昔から知られている。そしてメソポタミアでは6千年以上前から栽培されていたというから驚きだ。かのギルガメッシュがいた時代が初期王朝時代 (紀元前2900-2335年ごろ) なのでそれよりも3000年以上前ということになる。さらにヨルダン渓谷の遺跡からは、1万1千年以上前の炭化したイチジクが出てきたという。これほど歴史を感じられる果物はそうないだろう。

無添加 トルコ産 パイオニア企画 大粒白いちじく 500g
パイオニア企画
売り上げランキング: 2,366