Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「フリーライダー」★★★☆☆

フリーライダー(英: free rider)とは、「ただ乗りする人」という意味であり、(1)活動に必要なコストを負担せず利益だけを受ける人、(2)不労所得者を意味する。
経済学では、ことに公共財のように非排除性があるサービスについて、対価(供給のための費用)を支払わないで便益を享受する者を指す用語である。本稿ではこれを詳述する。
フリーライダー - Wikipedia

評価:★★★☆☆


Wikipediaに対するこのブログのこと。もっともWikipediaは排除性を有していないので問題ない。そんな今回のタダ乗り対象であるこの記事だが、いたって普通。概要から始まり解説には具体例もあるのでわかりやすい。紹介する側としては乗り心地にそこまで不満はない。

だが星3つ程度の記事としての満足度しか無い。俺としては「その他の例」の所に生物界におけるフリーライダーの存在を入れて欲しかった。例えば空から降ってくることで有名なヤドクガエルは猛毒を持つ種が多いが、弱い毒を持つマムシヤドクガエルというのがいる。このマムシヤドクガエルは自分の近くに生息している猛毒のヤドクガエルにそっくりに擬態*1する。自分では猛毒を作る努力をせずに他のカエルの評判にタダ乗りしているわけだ。この手の話はカエルに限らずそこら中にある。入れておくべきだろ。

今の時代フリーライドの対象は色々とあるが、一つ注意することがある。それは対象のキャパシティを超えるような存在にならないことだ。あくまでもフリーライダーは対象の余力にちゃっかりと乗る存在だ。これが度を越すと家主が倒れ、当然こっちも落っことされる。ネットで言うと2chまとめブログ騒動が正にそれだろう。俺のブログは大したこと無いのでWikipediaにとって屁でもないだろうが、肝に銘じておかなくては。調子に乗るとジミー・ウェールズからお願いが来るかもしれない。

*1:このような擬態を「ベイツ擬態」と呼ぶ