Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「世界最古の一覧 」★★★★☆

Pantheon Front.jpg"Pantheon Front" by Keith Yahl - Original Photography. Licensed under GFDL via ウィキメディア・コモンズ.

世界最古の一覧(せかいさいこのいちらん)は、「現存している、世界で最も古いもの」の一覧である。
世界最古の一覧 - Wikipedia

評価:★★★★☆


俺はこの手のまとめ系記事がわりと好きで、眺めていると時間が瞬く間に過ぎ去ってしまうため、あまり開かないようにしている。なにせ単純に記事を読んでいるだけでも面白いが、 その記事の特性として多くのリンクが貼ってある。1つ気になるものがあったら更に詳しく調べるべくリンク先へ飛び、その先で更に彷徨う。そしてひと通り満足したところで元に戻ってくると、また新しく興味深いものが出てくる。そんなわけで一向に終わりが見えなくなるのだ。

この記事で紹介されているモノのいいところは、引用にもあるようにどれもこれも現存しているということにある。つまり実際に「最古」かどうかはともかくとして、少なくともこれらが作成された時までは遡ることができるのだ。証拠としてのモノ有りきなため、これで分かる歴史は決して机上の空論というわけではない。そして全てとまではいかないが、これらは俺らでも見ようと思えば実際に現物を見ることも可能なのである。その観点から考えると、何かに興味をもつきっかけとして、なかなか優秀な記事ではないだろうか。

こうやって最古のモノを眺めていると、俺の感覚よりも古くから存在することに驚かされる。人は物事の発展のペースをつい線形なものとして捉えてしまうが、実際には年々加速していっている。そのため今の状態から昔の発展のペースを見ると、遅く感じてしまう。そして発展するペースが遅いということは、逆にこちらが思っている以上に早いタイミングで技術・発想が登場するということである。特にメソポタミア文明はその傾向が強いと思う。その辺のことについてもう少し突っ込んで調べてみたいが、やり始めるとゴールが見えなくなるので、今日はこのへんにしておく。

シュメル神話の世界―粘土板に刻まれた最古のロマン (中公新書)
岡田 明子 小林 登志子
中央公論新社
売り上げランキング: 99,444