Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「マイクロスリープ」★★☆☆☆

マイクロスリープ(英: Microsleep)とは、短ければ数分の一秒、長くてもせいぜい30秒程度睡眠状態に陥ることを指す。睡眠不足、精神的疲労、抑鬱睡眠時無呼吸症候群、低酸素症、ナルコレプシー、過眠症といったものが原因であることが多い。睡眠不足が原因の場合は予兆なく突然マイクロスリープに陥ることがある。
マイクロスリープ - Wikipedia

評価:★★☆☆☆


クソ眠い。眠すぎて頭痛がする。そんな時に発生するのがこのマイクロスリープ。たかだか一瞬から数十秒程度の睡眠とはいえ、侮れないどころかマジに危ない。仮に3秒だけ寝たとしても、それが高速道路で運転している時であるならば、意識がないまま80m以上も進む。場合によってはマイクロからエターナルへ一直線。

もっとこの記事について語ってやってもいいのであるが、この記事は「書きかけの項目」と貼られるほどに内容が少ない。しかし、今の俺の状態ではこれを読み終える間にマイクロスリープが発動する。場合によってはセンチスリープぐらいはしてしまいそうだ。そういうわけで今日はこれまで。