Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「ヒト以外による選挙への立候補」★★★☆☆

ヒト以外による選挙への立候補は、いくつかの国において事例が見られる。こうした立候補は時として抗議票、もしくは政治体制に対する風刺を意図しているほか、ただ単純に楽しむことを目的に行われることもある。
ヒト以外による選挙への立候補 - Wikipedia

評価:★★★☆☆


衆議院議員総選挙ということでしばらく前から白票についての話題がちょいちょい上がっている。個人的には白票も未投票も同じだと思うが、それらよりもっとたちが悪いのがこの「ヒト以外による選挙への立候補」ではないだろうか。わざわざキチンと投票する人間の票をまとめて無効にしてしまう恐ろしい手だ。人間ついネタでやりたくもなるのは分かる。しかしコイルや飛行機に投票するのとはわけが違う。人気投票と選挙は別に考えよう。

基本的にこの記事は事例を列挙することで成り立っている。この手のネタは事例あってこそであるとはいえ、もうちょっとこれの意味や効果・影響についても書いていて欲しいというものだ。そんなわけで★3つ。だが個々の事例についてちゃんと参考文献が記載されているのはポイント高い。

しかしこうやって見ると日本でもやったらどうなるのだろうかと思ってしまう。さすがに今回のような選挙には向かないが、それこそ市長選とかなら結構行けるのではないだろうか。個人的には「ふなっしー」が船橋市の選挙に出たら強いと思う。書類上は中の人とすれば*1無効にもならないのではないだろうか。

*1:“ヒト以外”とはならなくなるが。