Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「OS X」★★★★☆

OS X Logo.pngOS X Logo" by Apple - http://www.apple.com/osx/. Licensed under Public domain via ウィキメディア・コモンズ.

OS X(オーエス テン)は、アップルが開発・販売する、Macintosh コンピュータ用の現行オペレーティングシステムである。バージョン9まで続いたそれまでの Mac OS の後継として、BSD UNIX ベースで新たに Mac OS X(マック オーエス テン)が作られた。名称はローマ数字の X(テン)が付けられ、2001年に最初の製品版が発売された。OS X Mountain Lion より正式名称から「Mac」が外され、今日の名称になっている[3][4]。
OS X - Wikipedia

評価:★★★★☆


「エックス」じゃなくて「テン」です。今はもう名前に"Mac"がつかなくなってしまったが、俺的には今でも"Mac OS"と呼んでいる。よっぽどの信者じゃない限りそんなものだろう。評価としては10.6の"Snow Leopard"が完成形でその後劣化の一途を辿っている。俺が初めて触れたMacに搭載されていたのが"Snow Leopard"であったのと関係があるかは不明。ただし"Yosemite"がクソなのはガチ。

記事としてはそれなりの分量があり、どのような流れできたのかをざっくりと掴むぶんにはわりと優秀。一方で残念なのは画像がロゴ以外に一切ないということ。進歩の流れ(もしくはどのように劣化したか)を知るには画像で見るのが非常にわかりやすい。特にAquaについて語っているのだからそれがどのようなものか説明する上でも画像は必須といえるだろう。

それにしてもこの記事に限らず、どのように発展してきたかが分かる記事というのは読んでいて面白い。OS Xでは新バージョンについてどの部分に力を入れて作ったのかが読んでいてよく分かる。"Snow Leopard"なんかは機能を増やすのではなく、あえてパフォーマンスと安定性に注力しているところがおもしろい。ただ"Yosemite"の説明文については褒めることができない。あそこには警告を書くべきだ。

MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD

MAC OS X 10.6.3 SNOW LEOPARD