Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「アーグルトン」★★★☆☆

Argleton, view from Bold Lane.JPG"Argleton, view from Bold Lane" by Small-town hero - 投稿者自身による作品. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

アーグルトン(Argleton)は、Googleが提供する地図上に存在した、実在しない町である。
2009年12月中旬に訂正が行われるまで、この地名はイギリス・イングランドのランカシャー州オートン (Aughton) に近接した位置に表示されていた。しかし、実際のこの場所には空き地が広がっている。
アーグルトン - Wikipedia: フリー百科事典 (2015/08/14 18:16 JSTの最新版)

評価:★★★☆☆


俺が初めて行く土地であろうとも大した準備をせずに行けるのは、スマホとGoogleのおかげである。人工衛星が常に俺の位置を特定し、画面上に進むべき道を指し示してくれる。Googleを疑ってはならない。自分の知っている場所が正しく記されているのだから、知らないところだって同じはずだ。しかしこのアーグルトンは実在したことはない町であるが、Googleはマップに記していた。つまりアーグルトンは実在しないが存在はするのだ。

アーグルトンは、Google MapsとGoogle Earthの北緯53.543度 西経2.912度に記されていた。しかしそこはオートンの村域内である空き地でしか無かった。これが他の地図であるならば間違った地図という話で終わるけれども、これは天下のGoogleの地図である。他のwebサービスにもこの情報は使われているわけで、「アーグルトンの天気」というような情報が次々と生まれることになった。2009年の段階で地図上からアーグルトンは抹消されたが、今でも他のサービスでその影響は残っている。

なぜアーグルトンという町が誕生してしまったのかということについて、著作権トラップ説やスペリングミス説、ジョーク説などがあり、未だその真実は不明である。しかし今となってはなぜ誕生してしまったのかというよりも、実在しない町を皆がその存在を信じることで、存在の確からしさが増すというのが面白い。最近見たこれで、「行ったことのないケニアの存在をいかにして信じられるか」というのがあった。
神の存在を否定する方。何故否定するのか教えていただきたいです… - 人力検索はてな
これだけの情報があるのだから、ケニアが存在するならアーグルトンも存在するはずだ*1。そのうち観光地としてアーグルトンが実際にできたらすごいのだが。

*1:今となっては存在を否定する情報が多いから実在しないと分かってしまう。