Wikiしゃぶり

Wikipediaの記事をネタに語るブログ

「ヨモギ」★★★☆☆

Artemisia princeps 2.JPG"Artemisia princeps 2" by Qwert1234 - Qwert1234's file. Licensed under CC 表示-継承 3.0 via ウィキメディア・コモンズ.

ヨモギ(蓬、学名:Artemisia indica var. maximowiczii)は、キク科の多年草。 別名モチグサ(餅草)、エモギ、サシモグサ、サセモグサ、サセモ、タレハグサ、モグサ、ヤキクサ、ヤイグサ。 英語ではJapanese mugwortとも呼ばれるが英語のmugwortとは異なることがあるので注意が必要。
ヨモギ - Wikipedia

評価:★★★☆☆


ナッツの女王がピスタチオであるのに対し、このヨモギはハーブの女王と呼ばれている。これはただの俗称ではない。ヨモギの学名は Artemisia princeps Pamp であり*1、アルテミス+プリンケプス だ。女王どころか最上の女神である。しかしこれは大げさではなく、ヨモギは飲む・塗る・浸かる・嗅ぐ・燃やす・飾るのどれを行っても何らかの効能を得ることができる薬草だからだ。『のんのんびより』においても「ちょっと万能すぎる脅威の植物。」と書かれるだけはある。

ではヨモギにはどのような効能があるのか。あまりにも色々あることになっているのでここでは一部に留める。Wikipediaに載っているものでは止血作用、そして健胃・腹痛・下痢・貧血・冷え性・腰痛・痔に効果がある。これ以外ならばよもぎ研究所によると、発癌防止にコレステロール値低下、ニキビ・あせも・アトピーが改善され、匂いを嗅げば精神が安定してストレス解消にもなる。これ以外で珍しい使い方としては、狼煙や土砂崩れ防止にも使える。すごい。

ここまで万能だとゲームなら簡単には手に入らない。しかしヨモギはその強い繁殖力によって、日本中いたるところに自生している。単純に繁殖するだけでなく、その地下茎からは他の植物の発芽を抑制する物質を分泌し、その一帯を制圧する。ここまでくると、もうとりあえずヨモギを生やしとけばいいではないか、と想いたくなるがそうはいかない。ヨモギの花粉は秋の花粉症を引き起こす。カード化したらテキスト欄が凄いことになりそうだ。

100%国産乾燥よもぎ粉末
軽井沢ナチュラルストア
売り上げランキング: 11,539

*1:正確に言うとこれはシノニムである。